育毛剤では手遅れなのはどの程度の薄毛?男性でどこまでなら間に合う?

育毛剤では手遅れなのはどの程度の薄毛?男性でどこまでなら間に合う?

ハミルトン・ノーウッドによる男性の薄毛の分類では、

 

ステージ1からステージ7までの段階があります。

 

このハミルトン・ノーウッドの段階によって、『育毛剤では間に合わない』すなわち、手遅れかどうかという切り分けの基準があります。

 

育毛剤での回復がまだ間に合うと言われている段階

育毛剤では手遅れなのはどの程度の薄毛?男性でどこまでなら間に合う?

 

ステージ1〜4の場合は、まだ育毛剤での回復が見込まれると、リデンシル育毛剤REDENを開発した担当者は言われています。

 

ただし、全ての育毛剤が対象ではなく、あくまで医学的な臨床データのある育毛成分※を使うという前提になります。

 

※ミノキシジル・リデンシルなど

 

育毛剤での回復が極めて難しいとされる段階

育毛剤では手遅れなのはどの程度の薄毛?男性でどこまでなら間に合う?

 

ステージ5以降になると、育毛剤での回復は極めて難しく植毛での施術が推奨されます。

 

ただし、医学的な根拠のある育毛成分を使うことで幾らか印象は変わります。

 

しかし、3ヶ月〜1年と言った期間で印象を改善しようと思うと、どうしても育毛剤だけでは追いつきません。

 

また、フィナステリド・ミノキシジルを使った薄毛治療を参考にしてみると、1年で発毛効果が頭打ちだと言われています。

 

その為、このステージ5以降が『手遅れ』だという基準を意識しておくと後々の後悔を防ぐことに繋がります。