加齢臭と抜け毛の関連性とその対策|枕が臭くて髪の毛が抜けている

加齢臭と抜け毛の関連性とその対策|枕が臭くて髪の毛が抜けている

加齢臭と抜け毛の関連性とその対策|枕が臭くて髪の毛が抜けている

 

頭皮から加齢臭がし、枕が臭い。

 

更に、枕に抜け毛が落ちている。

 

そんな時に感じることが、加齢臭と抜け毛って何か関係あるの?という事です。

 

この記事では、加齢臭の原因と抜け毛の原因の共通点や関連性に迫ります。

 

加齢臭の原因

加齢臭

 

加齢臭の原因として1999年、資生堂がノネナールという物質を発見しました。

 

ノネナールは年を取ると増える脂肪酸が酸化・分解されることで生じるものです。

 

ノネナールは、40歳を過ぎた頃から男女問わず増加します。

 

頭皮の加齢臭は皮脂と常在菌が関わっている

 

資生堂の研究資料を見てみると、頭皮の加齢臭については、『皮脂と常在菌』が反応しあうことで匂い成分が発生することが書かれています。

 

https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj1979/34/4/34_4_379/_pdf

 

抜け毛の原因との共通点

シャンプー

 

抜け毛の原因との共通点として以下の点が上げられます。

 

  • 頭皮の皮脂のつまり
  • 頭皮を不潔にすることで起こる皮脂の酸化

 

加齢臭、抜け毛、共に頭皮の皮脂と、
頭皮を清潔にしていない為に起こる皮脂の酸化が原因となっています。

 

その為、抜け毛と加齢臭の対策としては、毎日のシャンプーで皮脂をしっかりと洗い落とすことが基本になります。

 

 

その他、抜け毛と加齢臭両方の原因になるもの

 

 

タバコ

 

タバコ体臭をキツくする要因になります

 

また、タバコは血管の収縮やビタミンCの破壊により髪の毛の成長を阻害します。

 

今までの依存してきたものを克服するのは大変かも知れませんが、抜け毛や加齢臭対策を考えているのであれば禁煙には取り組んだ方が良いでしょう。

 

脂っこい食べ物

 

脂っこいものに偏った食生活は皮脂を過剰分泌させ、加齢臭の材料を増やしてしまいます。

 

また、頭皮で過剰分泌された皮脂は、常在菌から分解されることで頭皮の炎症を起こします。

 

その結果、髪の毛が育つ為の頭皮の健康を脅かします。

 

 

運動不足にも注意

 

適度な運動頭皮への血流が良くなるなど、髪の毛の生育に良い影響があるとされています。

 

また、ストレスの発散、から老廃物毒素が外に流れるため育毛や加齢臭予防にも効果的です。

 

逆に運動不足や、汗をかかない生活を続けていると髪の毛の発育にも悪影響ですし、体内に老廃物や毒素が溜まってしまうため、加齢臭を含む悪臭の原因となってしまいます。

 

加齢臭・抜け毛共に解決策となり得ること

 

主に生活改善が双方の共通する対策として挙げられます。

 

  • 食生活を見直す
  • 毎日のシャンプーで頭皮を清潔に保つ
  • 定期的に適度な運動をして汗をかく
  • タバコは出来るだけ控える

 

加齢臭と抜け毛の関連性とその対策|枕が臭くて髪の毛が抜けている

 

体質改善と同時に、加齢臭の発生する箇所を抑えてデオドラント製品でしっかり洗うと匂いが改善します。

 

頭皮だけでなく、耳の裏襟足付近も加齢臭が発生しやすいポイントだとされていますので注意しましょう。